倉庫に余剰在庫があるなら早めに買取業者へ相談!

どんなものでもOK!

アパレルから冷凍食品、電化製品、大きい家具など、様々なジャンルの在庫商品を引き取ってくれるそうです。余剰在庫をずっと保管していると大変なことになるので早めに業者に依頼をして買取をしてもらいましょう。

倉庫に余剰在庫があるなら早めに買取業者へ相談!

倉庫

余剰在庫を大量に抱えているときのリスク

1:キャッシュフローの減少
在庫が増えるということは、会社の資金、つまりキャッシュフローが減少するということになります。在庫を多く保有していると、欠陥や品切れトラブルを防止して、すぐに代品を提供することが出来るでしょう。しかし、現金とは違い、流動性が非常に高く、利益が0になるため、金利の負担も非常に大きくなってしまうようです。キャッシュフローを増加させるためにも、沢山ある在庫を減らして余剰在庫を抱えないようにしましょう。

2:商品価値が下がる
在庫を大量に保有していると、時間が経つにつれてクオリティが劣化してきます。商品管理を徹底して、商品のクオリティ低下を防いでも、在庫を長期間保管している内に新商品がどんどん登場して、商品が時代遅れになってしまうようです。商品価値が低下してしまうと、処分をする、または価格を下げて販売するという方法しか選べなくなります。

3:在庫維持が大変
在庫がたくさんあるということは、その在庫を管理するための費用や作業が必要になります。保管するための倉庫や、光熱費、保険料などの経費、運搬に要する費用などが掛かります。それを維持するとなるとコストパフォーマンスにかなり負担をかけてしまい、経営に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

在庫を効率よく処分する方法

このような余剰在庫を買い取ってくれる業者もあります。内容によっては、高値で買取をすることもできるので、アウトレットやセール品としての販売が難しい、あるいは出来ないという場合に利用されているようです。買取業者ならジャンル問わず買取することが出来ますし、前もって査定を依頼しておけば自分の条件に合った業者を見つけ出せますよ!特に決算前になると、在庫の買取強化をする業者が増えるので、そのタイミングで依頼するといいかもしれません。

業者に依頼をするメリットとは

・すぐに現金化できる
閉店で在庫の処分を急いでいるときは、アウトレットやセール品として売れるのを待つと、かなり時間が掛かってしまいます。その反面、業者に依頼をしたら、すぐに査定を始めて現金に換えて貰えるようです。

・買取方法が様々
業者に依頼したとき、買取方法を選択できるのも利点だと言えます。大抵の業者はお店の持ち込み以外にも、出張や宅配サービスを設けているようです。在庫の処分となると量もきっと多いはずなので、直接スタッフがオフィスまで来てくれる出張買取か、宅配で業者に送って買い取ってもらう宅配買取を利用すると便利ですよ。

買取までの流れ

依頼をする

自分が「買取を任せたい!」という業者を見つけたら、買取査定を依頼しましょう。多くの業者が無料で査定をしてくれるので、気軽に利用することが出来ます。

査定準備

インターネットから査定依頼をするときは、氏名、住所、メールアドレス、在庫はどれくらいあるのか、必要事項を入力しましょう。これらの情報がないと正確に査定が出来ません。記入した後は漏れがないかチェック!

査定開始

送付の場合、段ボールに大量の在庫を詰めます。そして、依頼をする専門業者に送りましょう!到着次第、査定をパパっと行なってくれますよ。

入金

査定が済んだら、入金してくれます!業者によってすぐに現金化してくれる所もあれば、2営業日ほど時間が掛かってしまう場合があるので急ぎの方は前もって聞いてみるといいでしょう。

広告募集中